スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

2009年6月終了アニメ

2009.06.27 Sat
今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?5 に参加させて頂きたいと思います。
点数などは ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 さんの基準からです。
作画の()内は四捨五入前のです。評価は四捨五入後のです。



■けいおん! 1クール

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…5(4.7) わざと崩したような作風の場所もあるが、崩れるということはなく安定してよく出来た作画。動画重視なアニメか。
演出…4
音楽…5
総合的な評価…5

総合点…28

最初はもっと音楽の修行みたいな話が大半で、バイトや水着関連の音楽以外の話は少ししかしないと思っていたので、
ちょっと予想が外れました。まあよく考えると、音楽の練習風景やバンドの発表会などの話をたくさん作っちゃうと、
キャラ萌えアニメじゃなく楽器がうまくなるための作業アニメになってしまうかもしれないので、
バンド以外に話を割いたのはよかったと思いました。まあ原作通りって奴かもしれませんが。

山中さわ子役の真田アサミさんの声を聞いたとき、真田さんに似ている新人の人が出てきたのかと思った。
あんなにすき通った綺麗な声出せる人だったんですね(爆 まあ後半のキャラが壊れたときはいつも通りな感じでしたが。
しかし比較的新人の人が多いみたいですが、棒な人がいなくてよかったです。
というか、折角だしミューレの4人で軽音部の4人演じればよかったんじゃないの(笑

11話での喧嘩や、13話のバイトでの失敗やネコが吐くなどの描写は必要だったのか疑問です。
原作にあったなら仕方ない部分もあるかもしれませんが、そのちょっと気が落ちるような話のせいで、
せっかく面白い萌えアニメとしてみていたのに、なんだかけいおん!というアニメの印象を悪くしたように思えて仕方がありません。
所詮1クールの萌えアニメなのですからそんな描写は無駄に話が重くなるだけでいらないと思いました。

その気が落ちるような話を作った理由が、
・「最後の少し前に話を暗くさせて、一番最後に話を明るくしてキャラと内容に強弱を作って栄えさせる」
・「青春物によくある 仲が良い→喧嘩する→前より仲良くなる というどこにでもある情景を入れたかっただけ」
・「単純に尺が足りないから」
のどれかなのか、それ以外のなにかかは知りませんが、そんなの視聴者求めてないんじゃないのかと思いました。
ただまあ萌えアニメにもいざこざは必要ということなんでしょうかね。必要悪なのかな(笑

12話で平沢唯(豊崎愛生)がギターを家に忘れるという話でも、それまでの話の過程で唯がいなければ、
学園祭で演奏を披露したくない・・・と言うくらい軽音部での唯の重要性を話しに盛り込んでいたのに、
あっさり先生が唯の代わりにギター弾いていたのにはあきれました。あの状況なら唯が来るまで待つのがスジじゃないんでしょうか。
だってそうじゃなきゃ唯がいなくても軽音部はまわっていくんだよ、といわれているようで悲しいですから・・・。
まあ唯が先生に私の代わりお願いしますとか言ってたという設定だったらあれですが(笑

全体を通しての話の内容は、結構面白かったりして笑ったりしていました。
あと、OP・EDとも最高な出来で早送りせずに毎回見ていた。あれだけ話題になったものうなずけた。



■戦国BASARA 分割 計2クール

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…5(4.9) 崩れることは数カットしかなかったと思います。書き込みが多いのにすごく安定した作画でした。
演出…5
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…26

客観的に見れば、作画声優内容とかなりよく出来た作品だと思うのですが、
自分は時代物は全然分からないのであまり内容では楽しめませんでした。
ただ、そんなことが気にならないくらい作画がすごすぎでした。

基本的にいつもは、人物作画だけで背景作画には目が行かないのですが、
背景の書き込みの量が多いので目がいってしまいました。

ロケットで飛んじゃう巨人や気みたいので飛んじゃう主人公など、
かなりギャグっぽいのでビックリした。もっと正当な歴史アニメかと思ったので。



■東のエデン 1クール

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…5(4.7) 全体を通して安定して綺麗。背景もよく出来ている。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…25

視聴前から映画があるということは知っていたので、もうちょっと話の伏線だけ張ってその落ちは映画で、
ということかと思ったのですが、思いのほかちゃんと落ちていたのでよかったです。
ただ最終回のミサイルで、主人公らのいた豊洲はちゃんと全部ミサイルを落とせたようですが、
他の地域に落ちたのが全部落とせたという描写がないので心配になりました。
あと、もっと人が死んだり人間関係がぐちゃぐちゃになるのかと思っていた。ならなくてよかった、かな。

人物が3Dと手書きがあったけど、やっぱりちょっと気になった。まあよく出来てるとは思うけど。
あと、口パクと声が合ってるシーンが結構あったので、プレスコなのかと思ったら普通にアフレコだったんですね。
アニメを見るときにあまり口パクと声が合ってるかは気にしたことがないのですが、ピッタリあっていたので気になりました。

森美咲(早見沙織)の声が能登さんかと思うくらい似ているときがあった。早見さんの方がちょっと若い感じの声だけど。
このアニメの声優は、あまり聞いたことのない比較的新人の方が多いようですが、みんなうまいのでよかったです。
そのちょっと新人くささが大学生らしさなどをを出してて、良い雰囲気をかもし出してたようにも思いますし。

この作品はオリジナルアニメらしいですが、これくらいよく出来たオリジナルアニメが増えてほしいとちょっと思いました。
まあ自分には原作あってもなくても関係ないですが。



■初恋限定。 1クール

ストーリー…4
キャラクター性…5
画…4(4.3) 崩れることは無く安定して綺麗。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…25

内容的にはキャラが一人一人がうまいこと立っていたし、
キャラ同士の関係性が、面白い具合に複雑にうまく絡み合っていてよく出来ていたと思う。
思いがけないキャラとキャラの接点のつながり方も見ていて面白かった。
ただ1話の不良が誘拐する話は必要だったのか疑問。
あんな女キャラが縛られてるなかスカート捲し上げるとか見てて気持ち悪いというか見る気がうせる。
別にそういうエロアニメなら良いけどキャラ萌えアニメなんだからもっと別の見せ方があったんじゃないのかと思った。
1話に持ってきたのは話題性作るためだろうけど、全話数を見てからだと余計にあの誘拐シーンは異質に見えた。

声優的には、みんなよかったけど千倉名央(藤村歩)さんの声が合っていたし優しい感じがよかった。
山本岬(田中理恵)さんのちょっと気を抜いた感じの声の出し方があまり聞いたこと無い感じだったけどよかった。

しかしBS11オンリーで放送する必要あったんですかね。
描写的には問題になるのはパンチラぐらいだと思うのでU局で平気だろうし。
まあ一応全国放送ということで地上波がなくても十分と思ったんだろうけど。
・・・でもこれ地上波もやろうと思ったら後半にある声優顔出しの奴がDVD特典とかになってたのかな。
そう考えるとBS11オンリーの利点が見えてくるか・・・。

まあこういう戦闘シーンとかがない普通の萌えアニメって意外と少ないので見れてよかったです。



■宇宙をかける少女 2クール

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…5(4.5) 崩れることもなく全体を通して綺麗。CGも綺麗。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…25

話の内容は、普通な感じでした。アイマスのキャラでやっても違和感なかったりして。
宇宙をかける少女 ゼノグラシア ・・・とか。
最終回に親と子の話に持っていくとは・・・。なんだか、バンダイ制作って感じがします(笑
というか、全体的に、家族の話だったのかな。秋葉の姉妹の関係とか話の軸になってますね。
主要女子のキャラデザもよく作画もよくて良いのですが、ひとつだけ、鼻のかき方がちょっと好きじゃないですね・・・。

あと、歌がうまくて、あまりアニメで見かけない人が結構出てますね。
この3人声質が好きだし、演技力も申し分ないのでよかったです。
・MAKO・牧野由依・南里侑香
温存しないでもっと色々出てほしいです><
というかオリジナルアニメなら、劇中に歌を歌わせてもよかったんじゃないのかな。このアニメなんでもありっぽいので(笑
それと、遠藤綾さんは良い声してますね。低い声がかなり魅力的です。聞いてて気持ち良い。演技もうまい。

この作品は、番組宣伝CM、BD・DVD販売CMではハイビジョン放送(真HD)なのに、
本編ではアプコンという、これまでにない作品だったのでしたね。・・・もえたんもかな。
今回思ったのは、この作品くらい作画が良いと、アプコンでは顔の輪郭などの主線が汚くなり、
細かく見るとあまり綺麗に見えないのが残念に思いました。
雑な所が目立たないともいえますが。



■黒神 The Animation 2クール

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(3.9) 全体を通してとくには崩れていなく、それなりに綺麗。戦闘作画はよく出来ていた。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

内容的には、昨日の敵は今日の味方というよくある設定ですが、
作画、声優もよく内容が破綻することも特になく結構楽しく見れました。
水没都市を舞台にしてるようですが、なぜ水没したのかという説明なかったような気がするのですが。
まあたいした意味もないと思うのでどうでも良いのですが。

しかし、主人公は普通の人間で身体的に強くないだろうに、元神霊(もとつみたま)に対して指輪で攻撃したりして、
元神霊に反撃を食らって集中的に狙われたらどうするつもりだったんだろう。
クロの一歩後ろにいて応援してるくらいがちょうど良いんじゃないのかと思った。
まあそれはそれでへタレ設定すぎて駄目かもしれないけど、自分から死にに行っている様にしか見えない。

最終話のEDの時に、結局クロ(下屋則子)がどうなったかという結末は描かなかったのか・・・。
それがあればうまく終わったのにと思ったのですが、最後に感動的な終わり方が待っていて、
うまいこと終わってよかったです。あのままだとクロが自殺したなどしか考えられなかったので。

というか元神霊って、人間の数倍以上の長い寿命があるという設定なんですね。
てっきり人間と同じ寿命しか生きないと思っていたので、
最終回のクロが若い容姿のまま生きていたのは驚いた。



■リストランテ・パラディーゾ 1クール

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(3.8) 基本的にレベルの高い作画。大半綺麗だが少し作画が甘くなるときもある。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

なかなかこういうおじさんの日常みたいなのを書いたアニメってないですよね。
キャラ設定がしっかりしてて良い感じだし、男性声優もいい雰囲気を出してる。
結構楽しく見れました。

ニコレッタ(折笠富美子)とおじさんとが結婚するのかそれとも仕事仲間以上にはならないかという結末は、
ある程度の含みを持たせて描かないほうがよかったと思いますが、
ニコレッタがその後まかないレベルではなく、ちゃんとお客の食事を作れるレベルになったのかは気になりました。

11話というのは、個人的にちょうどよかった。見てて疲れなくていい。話がだれる事もないし。
まあこのアニメを見ると、2クールでもうまく人物関係などを描き切れるんじゃないかと思いますが、
11話でさらっと綺麗に終わらせるのもありだと思わせてくれる作品でした。

この作品は字幕オンで見てました。
しゃべっているキャラのキャラ名が表示されるので誰がしゃべってるか、
このキャラの名前はなんなのかというのが分かるので。初見なので助かる。



■鋼殻のレギオス 2クール

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(3.6) 全体を通してとくには崩れていなかった。ちょっと良いほう。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

特に期待してなかったというのもあるかも知れませんが、話はかなり楽しくみれた。キャラもうまいこと生きてるし。
主人公と女性キャラの微妙なやきもきするような展開が、結構良い味出してました。これだけいいのは久し振りかも。
主人公はある意味で絶対的な力を持っているのですが、
他のキャラとの関係やストーリー上でもそれほど無理がなく作られているのでよかった。
主人公と第17小隊の関係性などで、一人でやり切れる限界の見せ方みたいのもうまく描けていたと思う。

しかし、主人公の周りにいる女性の大半は主人公に好意みたいのをいだくようですが、
これは顔が良いからなのか、強いからなのか、性格か、など疑問に思った。
あと、あまり男性声優は気にしないんですが主人公の声の人、演技がうまいし声もあっててよかったです。

戦闘、学園物が嫌いでないなら、話しのもって行き方、キャラ設定が面白いと思うので、
比較的みんなにおすすめできる作品かもしれないと思った。
しかしMXで最終回に2回もL字テロップ攻撃を食らうとは。
最終回前まではなかったですからね。笑っちゃいました。



■タユタマ -Kiss on my Deity- 1クール

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…3(3.4) 作画の良い話数と悪い話数の差が大きい。平均すると普通かちょっと良い。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…21

こういう萌えアニメって作画とキャラデザと声優がよければ満足なので、楽しく見れました。
話は戦闘物である必要があるのかと思ったりしましたが、原作がそうなんでしょうからしょうがないですよね。
自分はこれくらいキャラデザと作画が良いと、普通に学園物でバトル無しでやってもらいたいとか思ったのですが(笑

話中のバイクはカワサキのゼファーらしいですね。
しかしスズキのチョイノリは無いよな・・・。まあ中古でも1万じゃ買っちゃうか・・・。
これは整備できる人が居たから買えたのかな。
でも去年チョイノリ排出ガス規制でなくなったのね・・・。

しかし、3強といわれてる妖怪ってなんだったんでしょうか。
萌えアニメとしてみればそんなもんかと言う感じですが、どれも話に説得力がない感じでした。
最後に出た応龍(岸尾だいすけ)の妖怪は、最終回の戦意喪失の仕方がおかしいと思う。
ヘロヘロで死にそうだったにしても、共倒れ覚悟で戦うのではないですか、あの場面だと・・・。

あれですね、最初からギャクアニメとしてみれば問題ない作品でした。
変にバトルアニメな雰囲気だしてるので、そんな作品という先入観が入っちゃいましたので。

・・・あれ、MXで見てたけどアプコンだったのか。
まあよく見るとアプコンか。1話から960×540くらいのハイビジョン放送(真HD)だと思ってみていた。
アプコンだと気づかないのはある意味しあわせか(笑



■夏のあらし! 分割 計2クール

ストーリー…4
キャラクター性…3
画…3(3.3) 特に崩れることはないけれど、それほどよくはない。それなりな作画。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…21

最初は、1話と13話みたいな、ギャグ路線でいくのかと思ったのですが、
途中から戦争の話に変わっていったので驚かされました。
なかなか戦争に力を入れた萌えアニメってありませんからね。
結構本気でこわかったです。見せ方がうまいですね。

主人公の男が頭がキレるのも意外だった。
体が入れ替わったときの、対処法の仕方や、
過去に戻って物事をいじったときに、その影響がどうなるかなど、馬鹿だと考えられなさそうなので。
話の進行役みたいな役割もあるようだから、馬鹿じゃつとまらないのかな(笑

過去に戻って助けた人が複線となって、その複線が後半に解決されていくのは、かなり面白かった。
やはり監督がいいのか。・・・まあ原作通りだろうから原作が良いのか。

しかし、調べたら本当に横浜にも空爆があったのですね・・。
横浜に落ちたというのはあまり聞かないので、なんだか色々考えさせられます。
アメリカ嫌いなTBSで放送されそうな内容だったような気がしました(爆

なんでスクールランブル関連のキャラや制服が出るのかと思ったら、原作の人がそうだったんですね。
13話のエンドカードの名前とキャラの特徴でなんとなく気づきました。

ってwikiみたらこれも分割2クールか・・・。
まあこの作品くらいうまく完結してれば分割でも気にならないな。
まあギャグ色が強いから分割でも気にならないのかもしれないけれど。



■神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 分割 計2クール

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…2(2.4) あまりよくない。そこまではひどくないが、軽い作画崩壊アニメか。
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

1期はTBSだったのでサイドカットでしたね。
今回はU局なのでサイドカットはありませんでしたがぼけボケのアプコンでした。
8話(tvk)からちょっとアプコンの解像度が上がったみたいでしたが。

確か1期は仕事を受けで事件を解決するような内容でしたか・・・。
よく覚えてなかったから何年前の出来事とかテロップでほしかったかも。

話は色々とうとつで分からない感じでしたが、
話の大まかな流れの中の破綻は特に無かったですかね。

声優さんは結構豪華でしたね。
・戸松遥・川澄綾子・水樹奈々・佐藤利奈・野中藍
皆さんキャラと声が合っていたし、結構個人的に好きな声の人たちですので、
楽しく見れました。戸松さんの「なにー」はキャラが壊れていたような気がしたが・・・(笑



■アスラクライン 分割 計2クール

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3(3.4) 作画の良い話数と悪い話数の差が大きい。平均すると普通かちょっと良い。
演出…2
音楽…2
総合的な評価…2

総合点…14

なんか、よく分からないけど面白くなかったですね。
多分、物事の見せ方が色々安っぽいんだと思います。
最終回の氷の上をあんなにうまく止まれないんじゃないかなどなど。
原作読んでない人に対しての説明も不足していたような。
まあちゃんと説明はされていたんでしょうが。

最終回のAパート終わりのCMに2期報告とは驚いた。
まあ13話の時点でどう終わらせるのかと思ったけど、2期あったのか・・・。
あのまま強引に終わってもよかったんじゃないのかな・・・。

分割2クール作品を否定する気はないですが、
この作品は、1クールで終わらせるか、一気に2クールでやったほうが良いと思いました。
面白くないのに分割2クールなんか自殺行為じゃないですか(笑
というか、制作会社が分割好きなのか。
・魔法少女リリカルなのはシリーズ ・セキレイ・WHITE ALBUM・アスラクライン

・・・まあよく考えると、分割2クール作品に何が駄目、つまんないと書いても意味ないか・・・。
まだ終わってないですからね。
あと話数によってキャラデザが統一されてないような気がした。キャラデザもあまり好きじゃない。



■クイーンズブレイド 流浪の戦士 分割 計2クール

ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3(3.2) 基本的にあまり崩れてはいない。ただ全体の作画レベルが高いわけでもない。普通。
演出…2
音楽…2
総合的な評価…2

総合点…14

地上波 4:3 規制多い
AT-X(CS) 4:3 規制少ない
DVD(BD) 16:9 規制無し

だと思うのですが自分は地上波で見ました。自分は、エロ規制はたいして気にしないのですが、
サイドカットの4:3というのが気にならないので見ないで良いかと思ったのですが、AT-Xも4:3なので、
まあいいかと思って見ていました。CMか何かで平野さんがこのアニメに出ると分かったのも見た理由(笑

話の内容は、上記の画角の理由であまり真剣に見てなかったのですが、人間関係の描き方が分かりづらかったような。
まあ個人的に声優アニメとしか見てなかったので内容はどうでも良いのですが。
途中からアイリ(伊藤かな恵)、ユーミル(齋藤彩夏)が出てきたのですが、この二人が良い感じでした。
伊藤さんのちょっとさめた感じであまり声を張らない感じの演技がすごくよかった。

しかし、10話か11話で嫌な感じがしたのですが、12話の最後に分割2クール発表しましたね。
正直分割なら見ないでよかったかな。ただ最後の感じだと、2クール目がすこし楽しみな感じではありますが・・・。

しかしエロアングルというのは演出に加点して良いのかな(笑
まあ結局、変な日の差し方とゆけむりとズームという乳首描写規制で相殺か。



■■■■■



■ベストキャラクター賞
・宇宙をかける少女 獅子堂秋葉(MAKO)
キャラデザもよかったし声も合っていたし面白いキャラでよかった。

■ベストOP賞 
・けいおん! Cagayake!GIRLS(桜高軽音部)
かわいい感じでテンポもよくてよかった。

■ベストED賞 
・けいおん! Don't say "lazy"(桜高軽音部)
ギターなどがかっこよくてよかった。

■ベスト声優賞・男性
・岡本信彦 (・鋼殻のレギオス・初恋限定。)
キャラにあった演技の仕方がよかった。

■ベスト声優賞・女性 
・齋藤彩夏 (・クイーンズブレイド・東のエデン)
声質のかわいさがキャラと絶妙に合っていてよかった。


ベスト声優賞・男性 以外は全部けいおん!から選ぼうかと思ったのですが、
それもつまらないのでちょっと他から選んでみました。

(総評、評価、感想、最終回、11話、12話、13話、24話、25話、26話)一応

カテゴリ:2009年6月終 | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<2009年9月終了アニメ | ホーム | 私のアニメの見方>>

コメント

name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://hdanime.blog47.fc2.com/tb.php/3-64161156

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。