スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

2010年6月終了アニメ

2010.08.01 Sun
今期(6月終了アニメ)を評価してみないかい?9 に参加させて頂きたいと思います。
点数などは ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 さんの基準からです。
作画の()内は四捨五入前のです。評価は四捨五入後のです。
評価の作画の項目と、評価の点で5点の項目があるときは、右に少し感想書きます。
適当に色々と感想を書いていますので、ネタバレ等あると思いますがご了承ください。



■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5クール TBS

ストーリー…5 話がよく練られていた。
キャラクター性…4
画…5(4.7) 崩れることもなく安定して綺麗。
演出…5 戦闘シーンなどがすごい。
音楽…5 良い歌多い。
総合的な評価…5 多少のグロが平気なら万人にオススメできると思う。

総合点…29

最初の14話までは、1期と同じような展開だったので、最初は切ろうかと思ったこともあったのですが、
最後まで見てみれば、1期と違う展開になった時から、話がすごく面白くなってきてくぎいるように見ていたと思う。
ほんとに視聴を辞めないでよかったと思った。



■デュラララ!! 2クール TBS

ストーリー…4
キャラクター性…5 キャラ設定がいいし声も合っている。
画…5(4.5) 基本的に崩れることもなく安定して綺麗。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…5 キャラの名前さえ調べておけば、原作知らなくても楽しめると思うのでお勧め。

総合点…27

普通の学生のように見えて、実はかなりの人数の頂点に立つ凄いキャラが居たりして、
見返したら新しい発見がありそうで面白そうなのでもう一度見てみたい気がする。
女の子が連れ去られたりしてひどい事になるのかと思って、見るのがきつくなりそうでイヤだなと思ったけど、
そこまでひどい扱いをされないのは良かった。殴られたり服を無理やり・・・とかはあまり見たくないので。
組織間では、ダラーズに近い人にチート級の強さを持った人が多い気がした。黄と青が一緒にかかってもダラーズには勝てないと思う。

自分はチャットは閉鎖環境過ぎと言うか、ログが残らない場合もあるので書く意味ないんじゃないかと思ったりするので好きではないが、
アニメでは、3人程度でチャットを書いているというリアルで実際にある感じや、
チャット特有の情報の即効性みたいなのがうまく描けていてよかったと思う。
というか、掲示板でなくチャットで主人公たちが話し合う理由あるのかな。・・・あ、内緒モードか。
というか、チャット設置した人って、内緒モードでの会話とかも見放題なんだよな、たしか。



■四畳半神話大系 1クール CX

ストーリー…4
キャラクター性…5 キャラはよく出来ている。
画…4(4.3) 基本的に崩れることもなく綺麗。
演出…5 声優の演技、実写映像の使い方やカメラアングルが良い。
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…26

中盤までは、ストーリーの点は5点で良いかなと思うほど、面白かったのですが、
最後がちょっとしつこいくらいに総集編な雰囲気がして、ちょっとつまらなかったかも。



■Angel Beats! 1クール TBS

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(4.4) 基本的に崩れることもなく安定して綺麗。人物の作画レベルはそこまで高くないが、背景は綺麗。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…5 キャラデザ、つらい話が平気で、泣ける話が見たいならオススメかも。ギャグもある。

総合点…25

少し説明不足な部分もあったように見えるけど、個人的には大筋な部分を楽しめたから良かったと思う。
少し謎を残して色々考えさせるように作っていたように思うけれど、それもふくめて面白く見れたと思うのでよかった。
オリジナルアニメらしいけれど、1クールだし登場キャラを少し減らせばもっと感情移入できて面白いアニメになったかも。
ただ人選が難しいと思うし、個人的には、必要じゃない主要キャラはいなかったと思うのでなんともいえない。
NPCじゃない人が、11話で体育館に集まって話を聞いていたけれど、70人くらいいてビックリした。
それまでは主人公周辺の15人程度だと思っていたので。

最終回に、「俺と一緒に残ってこれから来るやつらの面倒を見よう」
みたいな事を言っていたけれど、ちょっとあれは、女々しいと言うか、死にたくないよやっぱり、
と言う言い訳に聞こえたので、そういう意図がないなら、あのシーンは要らなかったと思う。
落とし方は少し残念だったかもしれない。
・・・と思ったけど、もしかして、自分の心臓がすぐそこにあると本能的に感知して、
心臓に対して一緒に残ろうと言っただけで、天使に言ったわけじゃないとかなのか。
だとしたら深いか・・・。

カードに○を付ける臓器移植の話、体悪くても結婚すると言う話し、心臓提供の話では、少し泣きそうになった。
2時間くらいにうまい具合にまとめて、ゴールデンタイムに泣けるアニメとして放送したら面白いんじゃないかと思った。



■B型H系 1クール MX

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(4.3) 崩れることもなく綺麗。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…5 エロ描写が平気で、奥手な主人公たちの恋愛模様が見たいなら楽しめるかも。

総合点…25

このアニメって、主人公二人の純愛青春アニメなんじゃないかと思った。
Hトモ100人作る・・・なんていうものだから、もう少しいろんな男に対して、手広く手を広げるビッチなヒロインなのかと思っていたら、
以外に最後まで主人公一筋でいくので、結局、純情な妄想少女なのか、と思った。

しかし、最後のホテルでの描写は、U局と言えどもよく放送できたなと思った。
「鬼印」で修正されてはいるけれど、シチュエーション的にホテルであれだけ色々やっても放送できるのを見て、
まだまだU局も捨てたもんじゃないもんだと思った。

田村ゆかりさん、堀江由衣さん、能登麻美子さんが主役級キャラを演じるのもなかなかそれだけで面白いのですが、
それに加えて、ピー音がなるような卑猥な言葉を言っちゃうので、なかなか凄いアニメだと思った。
小須田崇みたいなキャラは、あまりに目立っても駄目だと思うので、声優の演技力よりも、声質の重要性が増すと思うのですが、
阿部敦さんはその点、地味なキャラにも凄くマッチした声質をしているので、すごくよかったと思う。


■化物語 1クール MX

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(4.1) 引き画で作画が甘くなるが、寄り画では基本的に綺麗。
演出…5 流石シャフトという感じ。
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…25

内容は、思っていたよりグロエロな展開が多くて以外だった。
売れるアニメって言うのはやはりそういう要素が必要なのかな、と思ったりした。
あと、主人公が高校生という設定だけど、これ社会人の設定でもいけるんじゃないかと思った。

基本アスペクトが16:9ですが、2:1くらいになってる演出のときがあって面白いと思った。
アスペクトで遊ぶアニメって、シャフトくらいしかないので。

12話の最後で星をバックに曲がかかっていたけれど、
あの演出の仕方は流石うまいな、と思った。



■WORKING!! 1クール MX

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(4.4) 崩れることもなく安定して綺麗。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

主人公が12歳以下じゃないといやだという設定には何か理由があるのかと思っていたら、
家族にいる年上の姉たちが怖い存在で、年下の12歳の妹が安心できる存在ということで、
ちゃんとそれらしい理由があって笑った。
ほかの登場人物にも、店長を慕うキャラ、男性が苦手なキャラなどが登場してきていたけれど、
ちゃんと理由がかたられていたので、広げた伏線をちゃんと回収していて、見ていてそうだったのかと納得できるつくり方で面白かった。
しかし、伊波まひる(藤田咲)ってよく考えると男嫌いネタでよく1クールひっぱったな。

wikiで調べたら、阿澄佳奈さんのキャラの声をドラマCDでは門脇舞以さんがやっていたようだけど、
個人的には、門脇舞以さんの声であのハイテンションなかわいいキャラやってもらいたかったな、と思った。
というかいつのまに門脇舞から門脇舞以に変わってたんだ・・・。
このアニメ、女の子の声優さんがかわいい声質の人でよかったと思う。
・阿澄佳奈・藤田咲・広橋涼・斎藤桃子
上の4人はみんなそれぞれほかのアニメで女の子キャラ演じたことあると思うので安心して見れた。

最初は普通に、恋愛話になるなら主人公は種島ぽぷら(阿澄佳奈)とくっつくのかと思ったけど、
結局種島ぽぷらは噛ませ犬的ポジションだったのか。なんかとらドラ!っぽいとか少し思った。
というか、種島ぽぷらって横向いた時とかかなりおっぱいでかくてなんか・・・すごく違和感を覚えた。

アニメの画質のアプコンの感じが、MXで放送していたかんなぎににてるな、
と思ったらそういえばA-1ってかんなぎつくったところだったなと気づいた。
キャラの目の書き方もかんなぎぽかったのでwiki見ないでも気づけた。



■迷い猫オーバーラン! 1クール MX

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(3.7) 引きの絵はあまりよくないが、基本的に崩れずにそれなりな作画。序盤終盤の作画は比較的良いが中盤は普通。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…24

OPとEDが、少し昔の萌えアニメっぽいような、古臭さみたいなのを感じた。・・・なんでだろう。
しかし、温泉回は黒く塗りつぶされることもあまりなかったのに、夜の11時に放送できるって、MX凄いな。
・・・というか、それなりに楽しめて見れていたけれど、結局何がしたいアニメだったんだ。家族愛がなんたらかんたらとかか。
なんか色々と、昔のU局萌えアニメを感じさせるようなアニメだったかも。



■荒川アンダー ザ ブリッジ 1クール TX

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…3(3.1) 大きく崩れる事はないが、基本的に作画はあまり良くない。引きの絵は良くない。
演出…4
音楽…4
総合的な評価…4

総合点…23

なんとなく、最初はもっとギャグはなくて、堅いアニメなのかと思っていたら、
普通に河童、しかも声が藤原啓治で服にチャックありなキャラが1話に出てきた時はちょっと驚いた。
・・・まあシャフトなんだから普通考えればギャグ物だとは思うんだろうけれど、
前期にダンス イン ザ ヴァンパイアバンドがあったからこれもシリアス物なのかなと。

ギャグで笑うことは結構あった。ただ回数的には笑う機会は少なかったかもしれない。
どちらかというと、細かく笑わせるというよりは、大きなネタを仕込んででかい笑いを誘う感じ、だったようなじゃないような。
それと、ギャグのネタが自分みたいな話の展開を読めないような人でも、先読みが出来るようなギャグの展開が何回かあった気がする。

最初の展開からするに、ステラ(斎藤千和)がもっと主人公に対して陰湿な攻撃するような嫌なキャラになって、
アニメ自体もそれにつられて暗い感じになったらイヤだなと思っていましたが、
それほどキャラの性格も嫌な方向にねちねちするわけでもないようだったので良かった。



■さらい屋 五葉 1クール CX

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…5(4.8) 作画は崩れることもなく綺麗。背景作画も綺麗。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

キャラの設定などはしっかりしているので、面白く見れた。
ただ内容的には、パッとするようなことが少なく、退屈になる部分もあったかもしれない。
まあこの作品には、ドタバタするよりも、主人公みたいにゆるい感じで話が進むのも良いかもしれないと思ったけれど。
あと、時間軸が行ったり来たりして、分かりにくい部分があったかもしれない。



■真・恋姫†無双~乙女大乱~ 分割 今回1クール 計3クール MX

ストーリー…4
キャラクター性…4
画…4(4.2) 基本的に崩れる事もなく綺麗。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…23

見終わってみると、伏線の張り方などがうまかったように思う。



■薄桜鬼 1クール MX

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4(4.3) 崩れることもなく安定して綺麗。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…4

総合点…21

中盤になっても話の流れがスローテンポなので、分割2クールなのかと思ったらやはりそうだった。
話の流れが丁寧に作られているから面白いアニメだと思ったので、一気に2クール見たかったかも。

というか、スタジオディーンってもう少し作画が悪いと思っていたけれど、
全然崩れないのでビックリした。



■閃光のナイトレイド 1クール TX

ストーリー…3
キャラクター性…4
画…4(4.3) 引きの絵の作画は甘くなるときがあるが、基本的に綺麗な方。背景作画は綺麗。
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…20

なんか、結局、最後の最後に活躍した中国訛りの日本語をしゃべってた人を活躍させるためだけに作られたアニメなんじゃないかと感じた。
あの中国人が活躍して欲しいとは思っていたけれど、あまりに途中の出番がなさ過ぎて心動かされるものがなかったかな。
しかし、キャラの心理描写が少ないせいか、あまりストーリーに共感できなる部分が少なかったかもしれない。
2クールやって欲しいとは特に思わないけれど、1クールなら風蘭(藤田咲)の出番を減らすとかして、主要キャラに時間を割いた方が良かったかも。
何がしたいのかよく分からないアニメだったような気がする。

こういうヒロインの女の子の人数が少ない、というか実質的に苑樹雪菜(cv生田善子)しかいないようなアニメって、
女キャラへの視線が分散しないせいか、あまり普段女キャラがかわいいとか思わない自分でも、苑樹雪菜がかわいくて良いヒロインキャラだな、と思った。
まあキャラデザも性格もよかったし声も良かったので、女キャラが少ないとかではなくて、苑樹雪菜じたいの魅力が強かっただけかもしれないけれど。

しかし、このアニメがオリジナルアニメだと知って、やはり原作はあったほうが良いのかなと思った。
原作のないオリジナルなら表現の幅が広がって良い作品にかならずなるわけではなさそうなので。



■いちばんうしろの大魔王 1クール MX

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…4(3.9) 特に崩れることもなく綺麗な方。
演出…4
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…20

なんていうか、わかるけどわかんないアニメだった・・・ような気がする。
話の流れとしては、まあ魔王と勇者が戦う流れになるのも納得は出来るけれど、
主人公が「お前は魔王だ」と言われただけで、当たり前のように戦闘に順応してるのに、違和感を感じた。
まあちゃんと見返したりすれば、納得できるようなつくりになっているような気はするけれど、なんだかなー。
というか、女キャラのキャラデザも声優も良いので、普通にハーレムアニメでも見たかった気がする。

違法が何たらというテロップがでかすぎて笑った。面白いと思ってるのか。
どうせなら、日本語、英語、韓国語を三行で縦に並べて注意テロップ流せばよかったんじゃないの。
というか、韓国語が看板に書いてあって最悪だと話題になっていたから、
もっと毎回韓国語を見るはめになるのかと思っていたら、最初に2回くらいしか見る機会がなかったので良かった。
学校の日本語と韓国語のある看板は、その学校に韓国人が多いとか言う設定なんじゃないかと思ったけど、
だとしたらそれもそれでイヤだな。

適当に箇条書き
・おにぎりにローソク立ててたのは笑った。
・タイトルロゴがなんか古臭いというかまるまるしてて笑った。
・悠木碧さんの演技がよかった。微妙なエロいキャラも手伝って。



■一騎当千 XTREME XECUTOR 分割 今回1クール 計4クール MX

ストーリー…3
キャラクター性…3
画…3(3.2) 引きの絵はあまりよくないが、寄りの人物作画はある程度安定している。
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…18

なんというか、よく4期も放送しているなと思った。
戦国時代のアニメはそんなに売れ戦なのか。
というか戦国+エロだから余計に題材が良いのかな。
恋姫†無双も3期放送しているし。

アニメの内容的には、献帝(斎賀みつき)が結構あっけなくやられた気がしてなんだかなと思った。
最後の感じだと、5期目がありそうなんだけれど、まさかないだろうし、もう少しすっきり終わらせれなかったのかなと思った。
伏線の回収は出来てるとは思うけれど、なんか最後の終わり方だと、しまってないというか、だらだら無駄に話が進んでいるように感じた。

このアニメは、サイドカットで4:3の放送だったけれど、今回はあまりアスペクト比の問題で見る気がなくなるということはなかった。
いつもはサイドカットと分かると見るのもイヤになるのだけど、このアニメはそれほど気にならなかった。
・ハイビジョンで放送していたから
・前期もサイドカットだったから
・あまり内容に関心のあるアニメではないから
・そんなことよりパンチラが気になってサイドカットどころではなかったから
のどれかかかもしれない。

というか、どうでもいいけれど、OPSONGAKB48MEMBERが歌ってたのか(え
別に誰が歌っても良いけれど知ってる人のほうが良かったかな。わざわざなぜなのか疑問。



■聖痕のクェイサー 2クール MX

ストーリー…0 規制のおかげで話が見えない。
キャラクター性…0 規制のおかげでキャラの魅力も無い。
画…3(3.4) 作画は基本的にそれなりに綺麗な方。ただ突然キャラが消えたりするミスなどが多い。
演出…0 カメラワークが最悪。音声も不完全で最悪。必要以上にズームアップすることがあり最悪。
音楽…3
総合的な評価…0 規制バージョンは見る価値なし。

総合点…6

やはり2話で切っておくべきだった。



・見た順番
化物語→荒川アンダーザブリッジ→WORKING!!→一騎当千XX→閃光のナイトレイド→鋼の錬金術師FA→迷い猫オーバーラン!→さらい屋 五葉→四畳半神話大系→真・恋姫†無双~乙女大乱~→B型H系→聖痕のクェイサー→デュラララ!!→薄桜鬼→Angel Beats!→いちばんうしろの大魔王

化物語、鋼の錬金術師FA以外の作品は一気に通して見ました。



■■■■■



■ベストキャラクター賞
・デュラララ!! 竜ヶ峰帝人(cv豊永利行)
PCで2000人くらいをたばねるサイトを作っていて凄い。面白いキャラでよかった。
■ベストOP賞 
・B型H系 おしえて A to Z(田村ゆかり)
OPの「いそいじゃだめっだめ」のだめっだめの所のヒロインがかわいくてよかった。
■ベストED賞 
・四畳半神話大系 神様のいうとおり(いしわたり淳治&砂原良徳、やくしまるえつこ)
リズムがよかった。
■ベスト声優賞・男性
・阿部敦 (・B型H系)
アニメに溶け込んでいた演技でよかった。
■ベスト声優賞・女性 
・藤田咲 (・WORKING!!・閃光のナイトレイド)
演じたキャラも良かったが、声もよかった。



なぜだか、TBSの作品は評価で上位に来ることが多い。なぜだ。
というか、テレビ東京の作品が2作しかない。なぜだ。

カテゴリ:2010年6月終 | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<画像レビュー figma けいおん! 中野梓 制服ver. | ホーム | トトリのアトリエ プレイ日記・雑記03>>

コメント

name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://hdanime.blog47.fc2.com/tb.php/22-cc4b00e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。